夢と現実の境目

夢日記をしばらくつけてます。

しかし、夢ってのは現実とどう違うのか、これは大きなテーマです。

 

この世界には自分しかいないという事実を知った方が良い

 

ところで、夢も昔見た夢となるとその内容を忘れることがあります。

ただ忘れるならまだしも、それは夢だったか現実だったかさえ忘れることがあります。

つまり、夢を現実と勘違いするわけです。

 

もちろん、そんなことはそう多くはないのですが、怖いですよね。笑

 

あと、似たような現象がデジャビュー(既視感)です。

どっかで見たような光景、それってもしかしたら夢で見たのかもしれない。

これはもう頻繁にありますね。

 

外国の風景がテレビで映ると、初めて見るエキゾチックな光景が、なぜかどこかで見たような気がするという。笑

この感覚がとても味わい深いもので、できることならこの既視感とずっと味わっていたいものだと思うのです。

でも、その感覚は徐々に薄れていき、またどこかで同じことがあると、またその感覚が再現するのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事