みんなで妖怪たちと戦う

妖怪のような者たちがいる。

それらは人間または動物なのだが、その化身が妖怪となったものである。

 

その妖怪を家に持ち込む者がいる。

これはまずいと外に捨ててきても、また持ち込む者がいる。

 

家に持ち込まれた妖怪が、いわゆる運気を悪くする要因にもなる。

そのため、それらの妖怪=悪霊をすべて捕まえる必要がある。

そして、退治する必要がある。

 

ある時、家の中に散らばる妖怪を1カ所に集め、それらを退治しようとした。

妖怪もただやられるわけでなく、鎌や日本刀などで攻撃してくるのである。

それを避けつつ、妖怪を打ちのめさなければならない。

 

妖怪たちの数は多い。

そのため、色んな人に協力をしてもらいながら妖怪たちを退治する

が、あまりに多いので、いったん休憩をする。

 

あらかた片づけても、たいがい最後まで残っているのは首の妖怪である。

これが一番厄介なのだ。

これは犬や猫を持ち運ぶ時に使うようなケース(バリケンみたな檻)に閉じ込めてある。

なぜか首の妖怪だけは、なかなか退治できないのである。

 

風呂に入ろうと思って、いったん妖怪どもを人目に付かない場所に退避させた。

ところが、風呂に入ってるときに弟(?)がその首が入った妖怪を風呂に持ってきてしまった。

「バカ、何でそれを持ってきた! それは妖怪だ! 早く元の場所に戻せ! 風呂に持ってくるな!」

そう言ったものの、時はすでに遅し。

風呂の脇に置いてあるスチール棚に首だけの妖怪が入ったケースが置かれてしまった。

 

ケースの中を覗くと、そこには首の妖怪が入っているのだが、なぜかそれが見ているうちに猫に変わった。

「なんだ、猫か」

おすすめの記事