「若い人のやることはわからん」のススメ

昭和の価値観ってたまに聞くフレーズです。

もちろん、ネガティブな意味で使ってます。

 

今は絶対にダメだけど、昭和の時代なら許されたことってたくさんありますよね。

芸能人の麻薬、不倫、体罰、〇〇ハラスメント系全般。

 

まあ、これらは犯罪にかかわることだから当然ダメなんですけど。

でも、合理性、経済性、信仰の自由などからして廃れていくものもありますよね。

季節行事、出産、結婚、葬儀など儀式にかかわる事がその代表。

 

あと、価値観の多様化でいろんな生き方や趣味・趣向が認められるようになりました。

自分の書いてるマイホームブログに即して言えば、昭和の人は「定住しない人は信用がない」という考え方が主流でした。

「職を頻繁に変える人は信用がない」というのも同様ですね。

 

確かに悪いことをする人は素性を隠すために職や住所を転々とすることが多いですが、それって、いつの時代の話かって思います。笑

僕はむしろ、世界中を転々と暮らしたいです。

色んな仕事もしてみたいですしね。

同じ思いの人もたくさんいるはずです。

 

あと、最近思うのは都市伝説・スピリチュアル関連。

ここまでYoutuberが増えるとは思ってもみませんでした。笑

僕にとっては家の件も、スピリチュアル系も良い時代になりましたよ。

 

このように、時代は刻々と変わっているわけでして、逆に言うと、新しいものに触れないと、どんどん新しいものにネガティブになります。

もちろん、それが悪いわけではありません。

従来の方法が良いのであればそれをすればいいし、新しい方法が理解できないのなら、やらなければ良いだけです。

 

ただし、新しいことをやる人の足を引っ張ってはいけません。

「若い人のやることはわからん」と笑っていれば良いだけです。笑

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事