ウクライナへの“千羽鶴” ひろゆき氏「処理に困る」DaiGo氏「狂気」

日本の善意の人たちがウクライナに千羽鶴を送ろうとしたけど、周りから批判殺到であきらめたそうです。

僕は、千羽鶴を送ろうと、寄付しようと、食料送ろうと同じことだと思ったんですが、ん!?

が、このニュース、ちょっと注意して読んで欲しいですね。

様々な願いを込め、一つひとつ折られた鶴の折り紙。鶴は古来より、縁起の良い鳥とされ、よく通るその声は、天にまで届くのだといいます。

そんな「折り鶴」を巡って、今、議論が巻き起こっています。

■“千羽鶴”送るか賛否

「2ちゃんねる」創始者のひろゆきさんが、日本からウクライナに千羽鶴を送ろうとしている団体に対し、痛烈に批判しました。

ひろゆき氏のツイッターから:「千羽鶴とか『無駄な行為をして、良いことをした気分になるのは、恥ずかしいことである』というのを、そろそろ理解してもらいたいと思ってるのは、おいらだけですかね?」

さらに、メンタリストのDaiGoさんも、次のようにSNSに投稿しました。

DaiGo氏のツイッターから:「ウクライナに折り鶴送るは、狂気。そんな暇あるなら、バイトでもして、ウクライナに海外送金してあげなよと」

一方、インターネット上では、「ここまで強く攻撃して、否定してくることに、不快感を覚えます。少なくとも、祈りに力があると思って、折っている人たちのほうが、この行為を攻撃してくる人たちよりは、平和に近い生き方のように思います」といった声もありました。

■批判する声に“疑問”

この折り鶴問題。先月、同様の批判を受けた人がいました。
岐阜県に住む保井円さんは、有志を集め、反戦の意味を込めて、千羽鶴を作り、ウクライナ大使館に送ろうと考えていました。

しかし、取り組みが地元紙に取り上げられると、批判が殺到しました。
岐阜県在住・保井円さん:「色々調べてみると、震災とかああいう時に折り紙を送ったら、迷惑になった話があったということを見た」
検討の結果、大使館への寄贈を断念。現在は、自身が経営する貸し別荘の入り口に飾っています。

ただ、保井さんは「折り鶴を意味のない行為」と批判する声に疑問を感じています。
岐阜県在住・保井円さん:「青と黄色の折り鶴を折ることによって、ウクライナの話をしながら、思いを寄せるとか。もし、自分がウクライナにいたら、どうするとか。(話を)広げていくための大切な時間を作る題材となるかなと思うので。そのことは全然、無意味だとは思っていない。一人ひとりの市民が、この現状にNOということが、すごく大事。そこが一番、僕の訴えたかったこと

(「グッド!モーニング」2022年4月19日放送分より)

まず、ひろゆき氏は千羽鶴は無駄、恥ずかしいこと、良いことをした気分になってる、と語っています。

でもこれだけ読むと、ひろゆき氏のイメージ通りというか(笑)、平和を祈る人の気持ちを高みから踏みにじってるだけの印象です。

実際、一部を切り取っているようなので、ひろゆき氏のコメントを探すと実際にはこのように言ってるようです。

国内ではロシア侵攻を受けるウクライナの平和を祈るために折り鶴を送る運動が広がっているが、ひろゆき氏は「『折り鶴を受け取る側が喜ぶ状況なのか?』と考えるよりも『良い事をしてる私の気持ちな大事!』という、相手の状況よりも自己満足を優先する人が折り鶴肯定派に多いんですよね」と持論を展開。

その上で「処理に困るものを送るのは相手が欲しいのか確認してからにしましょうね、、と」と提言し、現状で千羽鶴をもらっても困るという見方を示した。

実際に東日本大震災など国内の災害ではしばしば千羽鶴が被災地に贈られますが、捨てられないし邪魔、支援物資にもならないという声が被災地から上がったといいます。

それを考えれば確かに千羽鶴って微妙だよなって思います。

でも、そこで千羽鶴の文化を全否定するのはどうかと。支援物資や金銭的支援ができないからこそ気持ちだけでも支援しているという表明をすることで相手は元気づけられます

励ましの手紙と同じです。

それを送る人がちゃんと説明をした上で送れば、喜ぶ人もいると思いますけどね。

戦争が終わったら燃やしてくれ、またはゴミに出してくれとでも書いておけばいいでしょうし、支援物資でなく日本から応援の気持ちを形にしましたと言えば済むことです。

 

次は最近、おかしなコメント連発で迷走中のDaigo氏。

こちらはもっとひどいですね、千羽鶴を送ることは狂気だそうです。。。苦笑

でも、Daigo氏のコメントも一部を切り取っていると思いますので、ネットで探してみますと…。

当該行為については、実業家の「ひろゆき」こと西村博之氏がツイッターで「千羽鶴とか『無駄な行為をして、良い事をした気分になるのは恥ずかしい事である。』というのをそろそろ理解して貰いたい」と投稿。DaiGoはこれを受け、「ひろゆきさんの言う通り、ウクライナに折り鶴送るは狂気。実際は誰と助けないのに、いいひとぶりたい人のエゴでしかない。結局、口だけで誰も助けず、いい人振りたいだけの愚者の行動。そんな暇あるなら、バイトでもして、ウクライナに海外送金してあげなよと。」とつづった。

さらに「そもそも、千羽鶴にありがたみを感じること自体が日本独自の文化であって、ウクライナの人からしたら、何これ?な話なわけです。相手の気持ちがわからない親切はただの迷惑」とバッサリ。

続けて「ウクライナに折り鶴送る人の気持ちを踏みにじるな!っていう人いますが…安全な日本から、家族が目の前で殺されてるウクライナに、千羽鶴届蹴られてら感謝する人、ほぼゼロだと思うんですよね。そもそも千羽鶴の意味わからないし、それを理解しようとする余裕もないと思いますが」「ウクライナでは人がたくさん死んでいるのに、そこに安全な他国から気持ちだけ押し付けられたら…僕が同じ立場だったら怒りを感じざるを得ないと思います。日本のズレ方がやばいですね…」と猛批判を続けた。

とくに、切り取った発言と大差なかったですね。苦笑

狂気とか愚者とか、しかも、いい人ぶりたいだけとか子供の悪口のよう……。

ひろゆき氏の発言よりもさらに幼稚としか言いようがないですね、残念ながら…。

日本の独自文化だからこそ、それを知らないウクライナに送るからこそ、なるほど僕たちを励ます気持ちを折り紙で表現したのかと感心すると思いますけどねえ。

そんな余裕あるかって言いますけど、そんな戦争で爆撃されてボロボロなところにそもそも送らないし、送れないでしょうし…。苦笑

論理が優先し過ぎるとこうなるのかなと言うか、まあ、なんとも救いようがない発言です。

 

でも、僕が一番気になったのはなんのための千羽鶴かってところです。

千羽鶴の代表者は「反戦」の意味を込めた千羽鶴だと言っています。

 

ウクライナの人たちの安全祈願かなって僕は思ったんですが、違いました。

「戦うな」、「戦争はダメだ」という反戦祈願とのことで、それはどうかなと。

 

ここを上述の二人が指摘したのなら僕も納得ですが、そうじゃなさそうですよね。

僕はこの反戦が引っ掛かって、いまいち賛同できませんでした。

 

これが、金銭的支援のできない保育園や幼稚園、小学校低学年の子らの折り鶴だったら反応も変わるだろうけど。

反戦オッサンの折り鶴かと。

 

戦わずして死ねというのか? 逃げて国を奪われろと言うのか?

「余計なお世話だ」と、そんな声がウクライナから聞こえてきそうです。

 

と思ったら、なんだ、グッドモーニングか、テレ朝かと。

だったら確かにこんな論調になるわなと納得。

相変わらず、偏ってる放送局だなと思いますね。

 

ウクライナの千羽鶴に賛否

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事