JR東京駅爆破

JR東京駅だろうか。

何者かに攻撃されている。

あちこちに火が回って、危険な通路を避けながら走っていた。

 

なんとか目的地の東京駅構内の土産物売り場にたどり着いた。

こんな状況だが土産物を物色する。

なにがいいかな、これもいいな。

 

すると敵がやってきた。

ついに土産物屋まで嗅ぎつけたのか!?

僕は攻撃のため口から青いビームを出した。

これは電気的なものだ。

それは敵に当たり、いくらかのダメージを与えた。

 

僕は空を飛んで逃げた。

口からビームを出すわ、空は飛ぶわ。

まるで正義のヒーローのようだった。

 

相変わらず東京駅はあちこちから炎が噴き出していた。

通路はところどころ閉鎖されていた。

でも人々は特に怖がる様子もなく、淡々として安全な通路を歩いていた。

どこがどこにつながっているのかわからない迷路のような通路だ。

 

あまり人のいない通路を通っていくと、h-尾ルのような場所に出た。

そこには音楽関係のクライアントのS氏が出てきた。

あまり気が進まない契約について僕は話した。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事