ソムリエ田崎真也にピアノを教わる

ソムリエの田崎真也が現れた。

なにやら、楽器を切り替える装置なるものを使っている。

それは一見して子供のおもちゃみたいで、サイズもものすごく小さい。

 

どうも違和感があった。

「本当はもっと大きいのですか」

と聞くと、「そうだ」と言う。

 

すると、遠くからその様子を見て笑う人がいた。

笑ってるやつをよくみると、変なリズムで右足が動いていた。

なんだこいつは?

 

そのソムリエの田崎真也から、なぜかピアノを教わることになる。

指をこう置くんだと僕の背後から指をとりながら教える田崎真也。

しかし、どうも教え方が乱暴だ。

かなり腹が立ったのでブチギレようと思いはじめた。

 

しかし、プロに教わる機会はめったにないから我慢しようと思い直す。

そのうち自分も上達したのか、田崎真也から笑顔が見られるようになる。

おすすめの記事