何かが足りないお店

ここは館山だろうか、どこかの観光地。

そこに佇む、謎の施設。

土産物屋か、旅館か。

建設中のようだが、完成したばかりのようにも見える。

 

建設予定地には大きな穴が開いており、そこには水が溜まっていた。

穴は二段階に掘られており、深いところはプールのように泳げるほどだ。

そこに建物が立ったのだが、いまいち何かが足りないような気がした。

 

妻と二人でその建物の中に入ると、店主らしき人物が現れて、店の中を案内してくれた。

色々と見て回ると、やはり、なにかが足りない。

 

ふと思い立って妻と店の屋根の上にも登ってみた。

しかし、やはり何かが足りなかった。

おすすめの記事