修学旅行のお土産の仁王像の首がとれる

実家のリビングにいる

妻がリビングの棚の下の方に置いてある人形が怖いという。

どう見ても怖いようには思えない。

そこで、怖くないことを示そうと、その人形を手に取る。

手に取ってみるとそれは修学旅行で買ってきた仁王像だった。

 

ところが、仁王像を手に取った時に、なぜか仁王像の首がぽろっと取れた。

「あぁ、首が取れちゃったよー」と言った瞬間、急に恐怖の感情が沸き上がった。

その瞬間に、恐ろしい亡霊の顔が目の前に現れた。

 

場面が変わった。

古いお屋敷、忍者屋敷のような場所で、コーラのペットボトルを投げ合って戦争ごっこをしている僕ら。

そこには元MLBのイチローもいて、とにかくたくさんの人がいた。

 

その時、ふと大学の講義に行く予定だったことを思い出す。

急いで車で大学へ出かけることにした。

古い屋敷には数台ほど車を停められる駐車場があり、一番奥と奥から二番目は僕の専用スペースだ。

僕は奥から二番目の車に乗って講義へ向かった。

 

急いで大学に行くと、経済学の授業の時間だった。

時間通りに行けば法律の授業だったのだが、経済学の授業に出るしかない。

経済学の教室を見渡すと、なぜかブロガーのBがいた。

しかしBは、ショートカットのかわいらしいい女の子供のようにも見えた。

他には6人くらいの生徒たちがいて、Bと一緒に楽しそうに雑談をしていたが、その中に僕は入っていけなかった。

すると、そこで再びコーラのペットボトル投げが始まった。

 

よく見ると、その中の一人に小中学校時代の同級生のH(オムスビ)がいた。

久しぶりだねとHに挨拶をする僕。

良く見渡すとHの友達のTMもいた。

TMが僕に言った。

「オレの姉貴がお前のこと好きだってよ」

TMに姉がいたなんて知らないし、いまいちピンと来ない。

するとそれを聞いたBが嫉妬して悔しがっていた。

子供の分際で。

おすすめの記事