殺生石とロシア

殺生石て知らなかったけども。

ある日突然、割れたらしい。

九尾の狐を封印していたらしいんだけどさ。

割れたらダメだよね。笑

栃木県那須町にある「九尾の狐伝説」にまつわる史跡「殺生石」が真っ二つに割れていると、ネット上で話題になっている。発見した観光客によるSNSへの投稿が相次ぎ、3月5日午後に現地を訪れた那須町観光協会の職員が、実際に割れていることを確認した。石の周囲に巻かれていた縄も外れていた。

ところでオカルト的には九尾の狐ってのが重要でして。

九尾の狐がプーチンに憑りついたからウクライナ戦争が起こったと、そういう理屈らしいです。

 

でもさ、なぜ九尾の狐がプーチンなのかよくわからないんだよね。

一節には出口王仁三郎氏の著書「続瑞能神歌」に以下のような記述があるとか。

シベリア狐は 死にたれど 醜の曲霊は 種々に 妖雲よんで

東天は 北から攻め入る非道さよ

オホーツク海や、千島船 カラフト島を ゆさぶりて 雪割草の間より 暗雲低く 仇鳥の舞い下り上る恐ろしさ

北海道から三陸へ なだれの如く押しよする

ここを先どと 連合の戦の場や 神の国

華のお江戸は 原爆や水爆の音 草もなき

続瑞能神歌

なるほどね。

 

でも、出口王仁三郎氏によれば、九尾の狐はロシアじゃなくてインドだったよね。

ちなみにロシアはヤマタノオロチだよね。

まあ、いいか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事