戦争の予行演習

コロナで自粛モードになった時に、こういうことを言う人がいたんだよね。

コロナと戦争は似ている。

ふとしたきっかけで、世の中全体が同じ方向に走りだす危険性が常にあることを、築城さんは身をもって知っている。現政権が推し進めてきた集団的自衛権行使の解禁や、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法の施行。さらには憲法9条改正へのこだわり。かつて時代の渦にあらがえなかった一人として、今の世代に伝えたい。

「戦時中は何が正しいのか、判断する余裕がなかった。国はどこに向かおうとしているのか、しっかりと見極めないといけない」

未知の感染症との闘いと戦争は、全く異なるものであり、同列に論じることはできない。だが、そこに見逃すことができない共通点を感じている人もいる。

戦争と言えばウクライナ。

首都キエフをロシアの戦車が蹂躙してるって言うんだけどさ。

ウクライナ国民は「家から出るな」って言われてるんだって。

 

でもさ、絶対にデモとか起こってると思うんだけどなあ。

外国のことだからわからないけど。

でも逆に言えば、デモとかやってるとロシア兵に殺されちゃうよってことだよね。

 

家から出るなってのは国民を救うようにも聞こえるけど、逆の意味もあるんだよなー。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事