ロシアでディナー

実家の友達のHIとロシアに行くことになった。

半そでを着ていたから寒い。

HIは「そんな服装で来るからだ」と僕に言う。

 

ふと地図を見るとヘルシンキとかトロントと書かれていた。

ヘルシンキはフィンランド、トロントはカナダ。

ロシアではない?

でも北の寒い国にいることは確かみたい。

 

それにしても夜空が綺麗だ。

そろそろディナーの時間だけど、どこでご飯食べようかな。

周りを見渡すと色んな店があった。

 

とあるアメリカンな感じのお店の駐車場までやってきた。

この店で食べようかどうかとずっと駐車場で迷っていた。

 

すると一人の女が現れた。

この女もこの店で食べようかどうか迷っているのだろうか。

 

その時、女店員が店の外に出てきて「中へどうぞ」と僕らを案内した。

それを聞いてさっきの女が言う。

「この店は酷い。ランチを食べたが注文したものも出てこなかった。それなのに高額な金額を支払わされた」

どうもお店で酷い目にあったから僕らに教えようとしていたのだ。

 

すると店の中から悪そうな男の店員が出てきた。

悪そうな男店員は必死に否定した。

「ランチの件は何かの間違いだ。ディナーではそんなミスはしない」という。

 

少し不安だったが男店員に案内されて店の中に入る。

そして席についてメニューを見始める。

男の店員は奥へ引っ込んで女の店員に接客が変わった。

女店員はこちらの様子をチラチラと気にしていた。

どことなく困ったような表情をしていた。

おすすめの記事