夢を思い出す方法

先ほど夢日記を書いたけど、実は今日もまた夢を見なかった……。

でも困った。

鼻炎薬とロキソニンの合わせ技のおかげで夢を見なかった、と思ったのは昨日。

今日はロキソニン使ってないぞ!

 

やっぱり夢見と接種する薬、つまり体の状態はあまり関係ないのだろうか。

体がナチュラルの方が夢を見やすいわけではないのだろうか。

 

寝床でしばらく考えた。

寝起きでボーっとした頭で色々と考えると1つ気がついた。

 

「夢は見たんだ。」

 

そう、夢を見たことを思い出したのだ。

じゃ、どんな夢だったか、しかし、それはさすがに思い出せない。

しばらく寝床で考えているうちに、二度寝してしまった。

 

ところが、その二度寝の中で夢の続きを見ることができた。

いや、正確には「続き」ではなくて、夢を思い出していた。

「そうそう、こんな夢だったな」

という感じで、見た夢を思い出す夢を見た。

 

うーん、でも本当に夢だったのか。

 

正確には二度寝というほどしっかり寝ていないからだ。

感覚としてはウトウトレベル。

 

でも、実際に布団から出るころには1時間くらい過ぎていた。

自分の感覚としてはウトウトだが、実際には8割くらいは寝てたんだろうなあ。

 

なので、忘れた夢を思い出したのか、新たに夢を思い出す夢を見たのか、そこは定かではない。

でも、自分の中では夢を思い出したという自覚はある。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事