パーマンセットで空を飛んで仲間を助ける

駅で電車を待っている。

大勢の人たち。

でもどこか同じ匂いがする人たち。

彼らとと同じ目的地に行くようだ。

 

亡命?

どこかから逃げようとしているだろうか、脱出しようとしているのか?

 

いや、顔の表情を見ると楽しそうだ。

ただレジャーに行くようにも見える。

修学旅行?

 

とにかく電車に乗り遅れないようにしなければならない。

この電車はよく乗る電車だ。

前にも何度か乗ったことがある。

そのたびにスケジュールを気にする。

 

目的地に着くと、僕は空を飛べるようで、仲間を助けるためにあちこち飛び回っていた。

電車に乗る必要はなかった。

 

どうして空を飛んでいるのだろう?

どうやら仲間が欲しいものを調達したり、必要な情報を仕入れたりするためのようだ。

仲間のために飛んでいたのだ。

 

しかし、なぜ僕は飛べるのだろう。

そうだ、パーマンセットみたいにマスクとマントを持っていて、そのマントで飛べるのだ。笑

 

割と自由自在に飛べる。

ホテル三日月だろうか、大きな高層宿泊施設をまたぐように飛ぶ。

勝浦? 館山あたりにある海沿いのホテル三日月。

その背後に綺麗な海が見える。

夜の海。

 

ふと仲間が気になる。

どうも仲間が困っているようだ。

仲間の元に行くと、そこには三人の男がいた。

二人は僕の仲間で、陽気な二人だ。

中学の頃の友達のようにも見える。

 

もう一人は見たような顔。

誰だ?

俳優だ。

この顔、誰だっけ?

あの、女性マッサージ師に強制わいせつして捕まった俳優のようにも見えるし、高橋克典にも見える。

背が高くてひょろっとした俳優だ。

 

僕らは四人で海で遊ぼうとしていたようだ。

電車をおりて、ホテル三日月の部屋に荷物を置いて、1階にあるスーパーで食料調達。

さあこれから海でバーベキューだ!

みんなで遊ぼう!

楽しみだ!

 

ところが急に高橋克典が腹痛に襲われる。

なんだよ、これから遊びに行くってい言うのに!

 

と思ったらスーパーの前でうなりはじめる。

心配した仲間の二人が高橋克典に助言をした。

「トイレに行きたいならスーパーの前でしてしまえ」

おい、それはまずいだろ!

 

そう思ったが仲間が介抱しつつ、スーパーの前でズボンを下ろして大きい方をしてしまった。

仲間はめちゃくちゃウケている。

大爆笑だ。

終いにはクソを投げ合ったりしていて最悪だ。

バカだ、こいつら。

 

僕はたまらずに、空を飛んでその場を離れた。

逃げたわけではなく、彼らを海に連れて行って綺麗にしなきゃと咄嗟に思ったのだ。

再び空を飛んで周辺に海はないか探す。

 

ホテルを飛び超えて高い空から地上を眺めると海が見えた。

そうか、あの海で遊ぶつもりだったんだ。

でも、仕方ない、あの海でこの汚い連中を洗うしかない。

あそこまで誘導しよう。

でも、面倒くさいな、あの三人、何を考えているのか……。

おすすめの記事