オカルト・都市伝説業界は人材難ですか?

僕は良くブログで「スピ業界」とか冗談で使ってますけどね。

オカルト業界って本当にあるんですよ。

 

その業界は陰謀論専門とかでもなく、宗教とかでもなく、スピリチュアルでもなく、ただのエンターテイメント業界です。

エンタメですから、出版とか、映像とか、あと芸能でとかすね、テレビ番組や映画も作ります。

不思議な魅惑の世界じゃなくて、大人のビジネスなのですよ。

 

最近やっぱりビジネスだよなと思ったkとがありましたね。

著名なオカルト作家がSNSで普通に人種ヘイトやってたんですよ。

ムカつく人や企業を朝鮮人認定するっていう、子供がやるような非論理的で低レベルのヘイトです。

 

オカルト作家としてそこそこ尊敬していた人だったけど、一気に冷めました。

そして「この作家、これで終わったな」と思いましたね。

レジェンド作家ですけどね。

 

でも、さすがマイナー業界。

 

なんら大きな問題になることもなく、普通にオカルト業界はその作家を使うわけですねー。苦笑

そりゃそうですよ、他に人がいないんだから。

だめだよね、こんな業界。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事