飲み会で恥ずかし気に踊る

飲み会のような場所にいる。

立食パーティーだろうか。

僕はお酒は飲めない。

 

誰がいるだろうか、もしかしてクライアントさんたちだろうか?

すると誰かが近寄ってきた。

やはりクライアントのY氏だった。

 

笑顔で話しかけてくる。

そして、とにかく褒められる。

褒められると嬉しくなる。

Y氏はもともと他人をほめるタイプの人だ。

とても親近感が湧く。

昔どこかで会っただろうか?

 

すると、みんなで踊り始めた。

何故か自分も踊っているが、あまり楽しくなさそうだ。

例えみんなと一緒でも、人前で何かするのは恥ずかしいのだ。

 

僕は、途中で帰りますとみんなに伝えた。

そんなこと言わずに楽しもうよと周りから声がするが、僕は途中で帰ろうとした。

もはや逃げ帰るに近かったが、「まあまあ、もう少しだけ」ってな感じでつかまってしまう。

あまり嫌な感じはしなかった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事