季美の森の豪邸とモータース

季美の森のはずれ。

一度妻と訪れたことがある。

季美の森は住宅街だが、そのはずれは深い森だ。

綺麗な舗装道路一本だけが森を横切って別の街へと続く。

僕たちは森の中で動画を撮っている。

 

森を進むと中学生時代からの友達の家が綺麗にリフォームされて豪邸のように生まれ変わっていた。

その裏には僕たち夫婦が以前まで住んでいた家があった。

積水ハウスの家だ。

「車で4時間かかる友達の家が、実はすぐ裏にあったんだ。いつでも遊びに行けたんだ。気がつかなかった。」

僕は喜んだ。

 

それにしても豪華だ。

アメリカ西海岸でよく見るような大豪邸。

友達はうまくやったんだな。

家の一部は店舗と、そして賃貸にも出しているような造りだった。

僕も積水ハウスの家を建てる時に、一部を賃貸にすればよかったと後悔。

 

動画の取れ高は十分だが、まだ次の動画を取る必要がある。

森から町の方へ向かって妻と歩く。

僕たちは田舎の小さな自動車工場(個人経営のモータース)に入った。

そこの主人の軽トラに乗った爺さん。

爺さんを助けた僕らは歓迎された。

何をどう助けたのかはわからないが。

 

「なにか、お礼をしなけりゃいけないな」

そう言って爺さんはタヌコさんに機械油をドボドボと掛け始めた。

タヌコを見ると油まみれだ。

それを見て僕も機械油をタヌコにくまなくかけた。

 

でも、ふと思った。

こんな油を掛けたら「毒」じゃね!?

タヌコを洗わなきゃ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事