自我

自分が自分であるという自我、つまりアイデンティティとは消えることのない無限の存在である。

自我は無限であるがゆえに、あちらとこちら、そして、そちらにも存在しうる。

要するに、すべてが自分である。

 

自我は消滅しない。

なぜなら自我に時間の概念はないからだ。

空間の概念もない。

今も昔もずっとあって、あるものなのだ。

 

よって、新しい世界にも自我はある。

しかし、現在の世界の個々の自我が小川なら、新しい世界のそれは大河に例えることができる。

拡張した自我といっても良いかもしれない。

 

この拡張した自我を持つがゆえに、新しい世界には孤独は存在しない。

なぜなら全ての存在が自分であるので、孤独になりえないからである。

 

新しいなにかを生み出す者は常に孤独である。

新しい世界を生み出すまでは、その世界に気がつくまでは、孤独感が襲うかもしれない。

しかし、その孤独感が新しい世界を求める力となる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事