嫌な奴が部屋にいる

実家の自分の部屋(南西)にいた。

窓に向かって机があり、その左に本棚があった。

当時の配置とは異なっていた。

 

そこには高校時代の同級生のAがいた。

なぜがいるのかわからない。

本棚の一番下の段をあけるとオーディオセットがあった。

AはCDを挿入して音楽を聴こうとしたが音が鳴らなかった。

 

それを見て僕は親切心で自分が普段使う方の壊れてないオーディオセットを使わせてやろうと思った。

しかし、ここでふと我に返った。

Aといえば、クラスでも嫌味なやつで有名だ。

なぜAが部屋にいるのだろうか。

 

いや、一緒に暮らしているような感じがしてきた。

どうしてこんな嫌な奴が一緒にいるんだ!?

僕はAを蹴飛ばして部屋から追い出した。

 

場面は変わって親戚の従妹たちが正月?お盆休み?で実家に集まっていた。

実家の向かいの家はなぜか倉庫・車庫になっており、車と物が格納されていた。

おもちゃもたくさん格納されていて、僕たちはウキウキしていた。

 

すると書面が発行されて順番が来たので、車に乗って出かけることになった。

書面と車は一対一であるので、順番に車を出すことになる。

僕は車に向かった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事