ホラー犬鳴村は駄作

犬鳴村という映画を見たんですが。

久しぶりにホラーを見ましたかね。

 

記憶のかなたに、かすかに、どっかのだれか(山口敏太郎氏だっけ?)が、超・怖いっていうからさ。

安全策をとって「犬鳴村恐怖回避バージョン」っていうバージョンの方を見たのです。

 

この映画、ちょっと頭おかしくて、怖いシーンをかわいい柴犬のイラストやアニメで紛らわしてくれるバージョンがあるんですよ。

全く同じ映画なのに、怖いバージョンと、怖くないバージョンがあるのです。

怖くないバージョンと言っても内容は本編と全く同じなのでストーリー含めて、ちゃんと見ることは可能です。

グロい映像とかモザイクが入ったりイラストで隠したりするので、そこまでするのはちょっと微妙なんですけどね。

 

ま、それよりも内容ですね。

ストーリーがわざとらしいと言うか、ありがちというか、正直面白くないです。

もう少し何とかならなかったかなという感じです。

 

なんでしょう、日本のホラー映画ってこんなもんでしたっけ?苦笑

酒井法子が出てたホラーも見たんですが、どうもイマイチでしたね。

 

リングも小説で読むと怖いのに、映像になると怖くなくなっちゃうのって、どうしてでしょうかね?

やっぱホラーは想像力なのかなあって思っちゃいますねー。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事