船に乗って海の真ん中の浅瀬に降りて孤独

僕は船に乗っていた

そこには二人の男がいて、一人は弁護士でもう一人は船員。

この二人に僕はなぜか「アドバイス」をしなければならない状況だった。

何のアドバイスかわからないが……。

 

しかし、弁護士はアドバイスのしようがない、アドバイスをするまでもない状態だった。

船員の方はアドバイスのしがいがあった。

なぜなら、人見知りタイプで頼りない感じだったからだ。

 

でも、様子を見るうちに人見知りが解消されて、船の中で周りの人たちと仲良くなっていく様子が見られた。

それを見た僕は、なぜか嫉妬をしていた。

アドバイスをし損ねたからだろうか。

 

船は海の真ん中あたりに来たのだが、そこには浅瀬があった。

船から降りて浅瀬の砂浜に立つ。

砂浜には学生やらたくさんの人たちが遊んでいた。

自分も裸足になってみず際まで歩き、水の冷たさを感じて楽しんだ。

 

周りの人の様子を見る。

一緒に楽しもうと話しかけるのだが、周りの人が構ってくれない。

おすすめの記事