卑弥呼直伝の指折り

海沿いの街、そこにある博物館のような施設。

そこにある潜水艦のようなアトラクション。

しかし潜水艦は屋上に展示してあり、そこに行くまでにはしごを登って行かねばならない。

どことなく誰かに追われているような気がした。

 

僕は施設内のベッドで横になっていると、弟夫婦の後輩と名乗る人物が現れた。

その男は肌の色は黒くて、黒人とのハーフのようだった。

マンガに出てくるようなユーモラスな顔をしている。

とても弟を慕っているようだし、弟も後輩として可愛がっていたようだ。

 

その黒人は1冊の歴史の本を渡した。

それは卑弥呼や邪馬台国について書かれた本だった。

 

その男は僕の弟の結婚式に出たらしく、その時の思い出話を語った。

「結構式の時に、卑弥呼直伝の指を折る技をかけて、指を折ってあげました。」

なんと、僕の弟の指を折ったというではないか。

 

僕は男が渡した卑弥呼の本のページをめくると、確かにそういう技があるようだ。

しかし、そんな技をかけられたらたまらない。

いったい何者なんだ、こいつは。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事