話の長いやつ

人がしゃべってるところに平気でかぶせてくる人っているよね。

あれって、耳が聞こえてないのかな?

 

あ、差別の話じゃないよ。苦笑

リアルに聞こえねーのか、あんたは?って意味です。

 

でも、よく考えてみると違うかなって気がついた。

そういう人は基本的に話も長いんだ。

平気で周りの興味ない話を30分とか1時間とかできちゃう人っているじゃん。

スゲエ簡単な説明を10分とか15分とか長時間話せる人。いい迷惑。苦笑

上司にしたら最悪だけどさ。

 

この人の頭の中はどうなってるか?

 

普通の人なら1分くらいで終わるだろう説明を、その人は最初から10分話すつもりなんだよ。

ぱっと10分のストーリーが頭の中にぼんやりとできてるんだよ。

 

でも、3分ほど話すと疲れるから、ブレス(息継ぎ)で数秒間ほどの間が空く。

その間で「自分の話す番か」と聞いてる人が話をしようとしても、そもそも、まだ残り7分を話してないんだよ。

だから、まだ終わってねえぞと人の話をさえぎって残りの7分を意地でも話そうとするのです。

だから平気でかぶせてくるんだよね。苦笑

 

普通さ、3分も話したら、次は相手方の言い分を聞こうとか、そこまでの話の感想や理解度を聞いてみようと思うよね。

それを思わないということは図々しくもあるし、相手に何も言わせない支配欲の表れともいえるよね。

保身とも言えるね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事