幻の太陽を見た(幻日)

珍しい写真を撮れたのでアップしておきます。

先日、仕事終わりにふと掃き出し窓から外を見た時の事。

網戸越しなので一瞬「光の反射か?」と思ったのですが、妙な光が見えたのです。

右のほうに沈む太陽がありますね。

その太陽から平行に左に目線をずらしていくと、電柱辺りに光が見えませんか?

なんだこれ?と思って外に出てじっくり見てみました。

外に出て角度が変わったので、太陽は正面の家に隠れています。

でも、電柱の左側あたりに何か光ってますよね?

外なのでガラスの反射でもありません。

さらに拡大した写真がこれ。

微妙ですが、雲の背後にあるように見えますね。

ま、ま、まさか、UFO!?

ではなくて、幻日という自然現象です。

今まで一度も見たことが無かったのですが、ついに見ることができました。

しかも写真に撮れて感動です。

「幻日」は太陽の横で虹色に輝く現象です。空気中の小さな氷の粒によって屈折されてできるもので、条件によって白っぽく見えたり、虹色に見えたりします。太陽高度が低い時に現れやすく、朝日や夕日の両脇によく見られます。

「幻日とは」ウェザーニュース

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事