感情を収めるテーブル

東京の北部、足立区、北区。

または千葉の中部、千葉市の北あたり。

車で走っており、園芸ショップに行きたいようだが迷ったみたい。

 

少し道を戻ると園芸ショップへの地図が書かれている場所に出た。

ここから右に曲がると園芸ショップと書かれていた。

 

すると、場面が変わり、なにか問題が起こったようだ。

その問題を解決するには感情をテーブルに収める必要があった。

テーブルとはつまりデータベースのオブジェクトである。

 

一つ目のテーブルには、それを利用するかどうかのフラグ。

フラグがONの場合は、二番目と三番目のテーブルを使用する。

二番目と三番目のテーブルには具体的な情報が文字として入る。

三番目のテーブルは設計上なくても構わない。

 

感情をテーブルに収める仕組みを採用するかどうかは、いったん検討してもらうことにした。

賛否が分かれているようだ。

おすすめの記事