大洪水と戦争?

以前に東京駅が火災に包まれた夢を見たけど、その続きだろうか。

全体的な雰囲気が非常に似ているが場所が違う。

東京ではない。

そこでは洪水が起こっている。

水かさがどんどん増えるので、みんなが急いで逃げている。

 

街中のようだ。

かなりの市街地、これは名古屋だろうか。

 

洪水から逃げるため名古屋の高層ビルに駆け込む人々。

先を争うようにビルに逃げこみ、上へ上へと走って登っていく。

エレベーターは使えないから走るしかない。

 

なぜか、中には銃を持っている人がいて物騒だ。

僕もビルの最上階へと向かっていたが、場面が変わった。

視点は再びビルの外の市街地へ。

皆が逃げ惑う様子が目に映る。

 

名古屋の街を歩くと津波のようなものが襲う。

津波は2回起こったのだろうか?

この洪水は津波による洪水だったのだろうか。

 

再び僕は洪水、いや津波から逃げるように高いビルを探す。

そしてビルに逃げ込み、最上階を目指す。

 

やはり武器を持った人がいる。

これはグループ抗争だろうか?

高層ビルで抗争?

 

武器を持った人たちは、ある特定の人たちだけを狙っているようだ。

銃弾が飛び交い、僕はビルの中で津波と武装集団の両方から逃げていた。

僕は敵ではない、ホールドアップしてそれを示せば撃ってこない。

僕は敵でないことを示しながらビルの最上階へ向かって逃げた。

 

階段を登っていくと静かなフロアがあった。

そのビルの中には本屋があるようで、そこはまさに本屋さんだった。

あれだけの津波と武装集団がいたのに、このフロアは平和そのものだ。

 

ある本を見つけた。

ベストセラーの本だ。

作者は誰だろうとページをめくると、なにやらキモチワルイ婆さんの顔。

しわくちゃなのだが、その皺は「入れ墨」のようにも見えた。

爬虫類人間?

映画に出てくる爬虫類人間にとてもよく似ている。

とても気持ち悪い。

 

ふと見るとレジカウンターにその婆さんがいた!

キモ!

本を買ってほしいのか!?

 

すると場面が変わって洪水が収まっていた。

名古屋?

とすると実家は大丈夫だろうか!?

僕は車に乗って実家を見に行くことにした。

 

実家の付近に着いて僕は車を降りた。

実家の近所は洪水の後なのだろう、アスファルトの道路は土の道路になっていた。

そして春、洪水で流された土に草が生えて、まるで緑の大地のよう。

 

住宅街はそのまま破壊されずに残っていたが、家々は春の新緑に包まれていて気持ちよかった。

もう子供たちが自転車に乗って学校に向かっているようだ。

 

角のIさんの家の前を通ると、実家まであと50mほど。

再び実家のことが気になる。

そうだ、実家に行くんだった。

母親は無事だろうか?

確かめないと!

 

車から降りて小走りで実家へ向かった。

実家は無事だった。

玄関の前まで行くと、玄関の鍵は開いていた。

僕は玄関の扉を開いた。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事