コロナ予備費12兆円、使途9割追えず 透明性課題

この不公平感ったらないですよね。

こういうニュースを見ると、良い気がしないから、ネットやテレビは見なきゃいいのかなって話です。笑

政府が新型コロナウイルス対応へ用意した「コロナ予備費」と呼ばれる予算の使い方の不透明感がぬぐえない。国会に使い道を報告した12兆円余りを日本経済新聞が分析すると、最終的な用途を正確に特定できたのは6.5%の8千億円強にとどまった。9割以上は具体的にどう使われたか追いきれない。国会審議を経ず、巨費をずさんに扱う実態が見えてきた。

12兆円余りをおおまかに分類すると、医療・検疫体制確保向けの4兆円に次いで多いのが地方創生臨時交付金として地方に配られた3.8兆円だ。同交付金をめぐってはコロナ問題とこじつけて公用車や遊具を購入するなど、疑問視される事例もある。自治体が予備費を何に使ったかまで特定するのは難しい。

医療業界に4兆円、地方に4兆円、給付金に2兆円、中小企業に2兆円、合計12兆円のうち使途が明確なのは0.8兆円。

火事場泥棒じゃないんだからさ。苦笑

 

で、この12兆円で、僕ら一般庶民は何の恩恵を賜ったのでしょうか?

「苦」しか頂いてないような気もしますが、いかがでしょうか?

 

もしもの時のため病床たくさん確保してあげたじゃん。(医療業界への予算)

コロナで死なないようにワクチンたくさん仕入れてあげたじゃん。(ワクチン購入費)

自粛して経済こわした分、個人や企業にお金あげたじゃん。(給付金)

 

これでかかったお金が12兆ですので、もう勘弁してくれよって思います。

結果としてこれです。

 

・無駄な入院と隔離

・ワクチン打ったのにブレークスルー感染多発、2回で良かったはずが3回、4回そして永遠に

・自分で壊して自分で修理する給付金

 

どうして、世の中のまともな人たちは黙ってるんだろ。

と思うわけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事