実家でカーレースのゲーム

国内旅行に来ているようだ。

場所がわからないけど、ここはよく来る場所だ。

実家の近くだろうか?

岡崎に近いだろうか。

安城?

 

旅行ではなく、実家に帰って来たのかもしれない。

そして実家のあたりのどこかの床屋に行ったようだ。

 

床屋に行った直後の僕は、ある異変に気がついた。

それは鏡に映った自分の顔を見た時だった。

なんと、右側は綺麗に刈り上げてあるのに、左側はそのまま散髪されずに長いままだったのだ。

 

このままじゃあ格好悪い。

早く床屋に行って、きちんと髪を切ってこないといけない。

 

僕は弟?と父と三人でいたようだ。

これから床屋に行くから三人で出かけようと持ち掛ける。

ところが父は出かけることに大反対で、なぜかとても怒っていた。

僕もそれを見て頭にきて「じゃあ一人で行く」と家を飛び出した。

 

それから時間が過ぎて、僕はそろそろ帰ろうとしていた。

ふと、以前に訪れたポルシェエクスピリエンスセンターのような建物の中にいることに気がつく。

そこには体感型のカーレースのアトラクションのようなゲームがある。

 

家に帰るにはカーレースのゲームをいくつかクリアしないといけないようだ。

こんな面倒なことはない。

 

僕は他の客がゲームをクリアするのを見て、その客の後ろについて行った。

僕はゲームをクリアすることなく、第1の関門を突破した。

 

続いて第2関門のレースゲーム。

また同じ方法でクリアしようと企んだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ にほんブログ村 哲学・思想ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ にほんブログ村 その他日記ブログへ
おすすめの記事