茶箪笥の缶の中の小さな黒い洋犬

実家のリビングと、その隣の部屋の和室が見える。

和室の北側には今はもうない茶箪笥(ちゃだんす)が置いてあった。

その上には、おかしの入った缶が置いてあり、そこには小さな犬が寝ていた。

黒い小さな洋犬。

 

ふと見ると、その黒い洋犬はいなくなっていた。

外へ逃げてしまったようだ。

 

夜になって雨が降ってきた。

リビングの掃き出し窓を開けて心配そうに外を見る。

すると、小さな黒い洋犬が帰ってきて、自分でそそくさと掃き出し窓から入ってきた。

 

洋犬は犬用の青い服(パジャマ?)をさっと着て、寝る準備を始めた。

それを見ていた僕、実家の母、その他何人かの人は「偉い子だねえ」と感心。

しかし、そのまま茶箪笥の上に置いてある缶の中に戻るかと思ったら、リビングに敷いてある犬用布団にパタンと横になり寝てしまった。

 

なんか変だと思って洋犬の様子を近くで見る。

すると、頭が潰れて血が出て、今にも死にそうだった。

外で車に引かれたか、なにかに襲われたか、何かあったに違いない。

僕はそれをみて泣き叫んだ。

 

***

 

場面が変わった。

なんらかのレベルの低いことをしている。

自分と同じレベルの14段階のことをしている。

しかし、何か違う。

それだと、すぐに終わってしまう。

 

自分と同じレベルのものは自分が選ぶ分には納得がいくが、誰かに強制されるようなものではないのだ。

強制されてしまうと、それはそもそも自分にとってレベルが低いものなので、そのような感情が湧く。

次のレベルに行かなければならない。

おすすめの記事