坂を猛スピードで上るバービー

木も何も生えてない山。

山の山頂まで舗装された道が続いていた。

 

本来は車で行くところ、歩いて上まで登らなければならない。

歩いて行かざるを得ない事情ができたのだ。

 

上に着くと、そこには空港があるようだ。

そこから飛行機に乗れば目的の場所に就くことができた。

しかし、早く歩かないとフライト時刻に間に合わない。

 

ふと上の方を見ると、小学校時代の同級生で肥満女子(笑)のSさんが坂をズンズン登っていく。

余りにハイペースなので大丈夫かと呼び止める僕。

 

しかし、Sさんは大丈夫だと先に上っていく。

よく見るとSさんの顔がバービーになっていた。

おすすめの記事